美しさをかなえる安全な化粧品のしるし
〈BSL〉は化粧品配合成分の分析受託を行う薬事法試験検査機関です。 ホーム サイトマップ
営業案内
消費者の方へ
化粧品の配合成分表示ラベルと薬事法の成分規制について。
業者の方へ
成分の分析方法と検査料金。民間ならではの納期・料金で。
Q&A
化粧品の配合成分と成分表示に関するFAQです。
受託分析の実績
試験検査の依頼をさまざまな企業や団体から受託しています。
業務概要
化粧品輸入代行<ブルーム>
リンク集
お問合せ
Home > 営業案内 > 消費者の方へ > ポジティブリスト・ネガティブリスト
営業案内
消費者の方へ
ポジティブリスト・ネガティブリスト
日本の薬事法は、化粧品の配合成分に禁止事項や制限事項を設けています。規制自体は従来からあり、「(旧)表示指定成分」が代表的な規定でした。2001年/平成13年4月の薬事法改正により、規定が見直され「リスト」として定められました。

詳しくはこちら【東京都福祉保健局】〜平成12年/2000年9月・厚生省告示「化粧品基準」の詳細。

●種類1.ネガティブリスト
<対象成分>
防腐剤・紫外線吸収剤・タール色素以外の成分。
<規制の内容>
大きく3つに分かれる。
a. 例えば、ホルマリン。
「この成分」を、化粧品の種類や使用目的にかかわらず「使ってはならない」という規定。
b. 例えば、トウガラシチンキ。ホウ砂。
「この成分」を、種類や目的によって「使う量を制限する」ならびに「使ってはならない」という規定。
c. 「医薬品成分」は原則として「使ってはならない」という規定。
※例外
一定の基準を満たし所定の手続きを踏むことにより、使えるようになる。
例えば、コエンザイムQ10/CoQ10/ユビデカレノン(平成16年/2004年10月)。

<対象成分>防腐剤・紫外線吸収剤・タール色素以外の成分
成分名
化粧品の種類や使用目的※1
成分の例
想定1.※2
想定2.※2
成分a.
種類・目的を問わず配合不可
ホルマリン
成分b.-1
種類・目的を問わず○○gまで
トウガラシチンキ
成分b.-2
△△gまで
配合不可
ホウ砂
成分c.(医薬品成分)
種類・目的を問わず配合不可
(医薬品成分)
※1;化粧品基準が想定する種類・目的は、2つに限りません。
※2;ポジティブリストの「想定1.」「想定2.」と同一の想定を意味するものではありません。

●種類2.ポジティブリスト
<対象成分>
防腐剤・紫外線吸収剤・タール色素。
<規制の内容>
大きく2つに分かれる。
a. 例えば、パラベンやサリチル酸オクチル。  防腐剤・紫外線吸収剤に対し「使えるのはこの成分」で、かつ「使う量を制限する」という規定。
※制限量は化粧品の種類や使用目的によって決まる。また制限がない場合もある。
b. タール色素に対し「使えるのはこれだけ」という規定。
例えば、赤色○○号。

<対象成分>防腐剤・紫外線吸収剤・タール色素
成分名
化粧品の種類や使用目的※1
成分の例
想定1.※2
想定2.※2
成分a.-1(防腐剤)
種類・目的を問わず□□gまで
パラベン
成分a.-2(紫外線吸収剤)
▽▽gまで
配合不可
サリチル酸オクチル
成分c.(タール色素)
(使える色素を指定)
赤色○○号
※1;化粧品基準」が想定する種類・目的は、2つに限りません。
※2.;ネガティブリストの「想定1.」「想定2.」と同一の想定を意味するものではありません。

●備考/規制緩和
上記の規定に違反しない限り、企業側は配合する成分を自由に選べる。配合の責任は企業側が負う。
BACK

彩、色、健、美に尽くす。ソリューショナル・カンパニー。
 <BSL>Bloom Strategy Laboratory 株式会社ブルーム
〒849-5131 佐賀県唐津市浜玉町浜崎1901-457 営業部 Tel.0955-70-4701 Mail:info@bsl-jpn.com
Copyright©2006 Bloom Strategy Laboratory All right reserved.